勉強ができない中学生の進路はどうなる?選ぶポイントや対策も解説

勉強ができない中学生のお子様を持つ親御様にとって、お子様の進路は大きな悩みなのではないでしょうか。勉強ができない中学生の進路選択を間違えると、お子様にとって苦しい高校3年間を送ることになります。

また、高校卒業後は就職をしたり、大学に進学したりなど人生の岐路に経つ瞬間でもあるので、実は中学を卒業するタイミングも人生の大きなターニングポイントです。だからこそ、親御様はできる限り適切に進路を選んであげるべきです。

そこで本記事では、勉強ができない中学生の進路の選択肢や、進路を選ぶ際のポイントを解説します。また、より選択肢を広げるための勉強方法もご紹介しますので、勉強ができない中学生のお子様を持つ親御様はぜひ参考にしてください。

目次

勉強ができない中学生の進路

勉強ができない中学生の進路には、どのような選択肢があるのか気になる方も多いでしょう。勉強ができない場合でも選択肢は複数あるため、お子様の性格や特徴によって選ぶことが重要です。

ここでは、勉強ができない中学生が選ぶ代表的な3つの進路について解説します。

偏差値が低い公立・私立高校

勉強ができない中学生の代表的な進路は、偏差値の低い公立・私立高校です。偏差値の低い基準としては、一般的には44未満です。偏差値が低いという表現は印象が悪いかもしれませんが、魅力的な特色のある高校は多くあります。

代表的な学校として、就職に直結する資格を手に入れられる商業高校や工業高校です。これらの高校は偏差値が低い学校もあるものの、就職を視野に入れることを考えると魅力的な選択肢です。

勉強ができず、偏差値が低い高校から選ぶ必要がある場合でも、将来を広げられる高校も選べることを知っておきましょう。

定時制・通信制高校

勉強ができない中学生の中には、不登校気味の生徒や、学校に馴染むことが苦手な生徒もいるでしょう。そのような生徒には、定時制や通信制の高校がおすすめです。

定時制は、働きながら学びたい学生向けの高校であり、主に夜間に通学し学習する仕組みとなっています。定時制高校では、異なる年齢の生徒が同じ学年になることも珍しくありません。また、バイトといった学校外の活動とも両立ができるため、学校外のコミュニティにも参加しやすいことが特徴です。

一方の通信制高校では、そもそも通学日数が少ない上に、その名の通り遠隔授業などで学習を進めます。根本的に人間関係の構築が苦手なお子様や、体調などの都合で頻繁に外に出られないお子様に最適です。定時制は4年以上かけて卒業しますが、通信制高校では3年間で卒業できます。

就職

そもそも、進学をせずに就職をする選択肢もあります。

学歴を得られないというデメリットがあるものの、早いタイミングで社会で出られる点がメリットであり、高校に進学する以上に人生を通して大きな経験を積める可能性だってあります。特に、何らかの道の職人を目指すお子様にとっては、中学を出てから就職をする道が最も適切なケースも考えられます。

ただし、高校進学をせずに就職をした場合、ほとんどが肉体労働に従事することになります。肉体労働に向いていないお子様にとっては非常に苦痛なため、高校に進学する方が無難でしょう。

進路を選ぶ際のポイント

中学生の卒業後の進路は、将来を左右する非常に重要な要素になります。進路の選択によって、人生が大きく変わることも珍しくありません。しかし、適切な進路選択の方法が分からない方も多いのではないでしょうか。

ここからは、進路を選ぶ際に押さえておくべき2つのポイントについて解説します。

興味や関心を尊重して進路を選ぶ

進路を選ぶ際は、お子様の興味や関心を尊重した上で選びましょう。勉強ができないお子様が普通科に入った場合、勉強が苦手な中学3年間と同じ思いをする可能性が非常に高いです。そのため、安易に普通科を進路として選択することは危険です。

勉強ができないお子様でも、興味や関心がある学科に進むことで才能が開花することもあります。現代では、商業高校や工業高校に加え、デザイン系やIT系に特化した高校も多くあります。まずはお子様に合った高校を探し、進路選択時の参考にしましょう。

無理して高いレベルの高校に行こうとしない

親御様からすれば、なるべく自分の子供にはレベルの高い高校に進学してほしい思いはあるでしょう。しかし、無理をしてまで高いレベルの高校に進学させることは止めましょう。

なぜなら、受験に成功したとしても、その高校の授業についていけない可能性が高いからです。授業についていけなければ、学校行事やその他の活動に気が回らず、3年間苦しい思いをする恐れがあります。

充実した学校生活を送るためにも、お子様の学力に合った高校に進学させることが大切です。

勉強ができない中学生の勉強法

勉強ができない中学生の中にも、成績を上げたいという高い目標を持った生徒も多くいるでしょう。しかし、そのようなお子様は適切な勉強方法が分からず、その場で足踏みをしてしまっていることも珍しくありません。

ここからは、勉強ができない中学生の適切な勉強法について解説します。勉強方法に悩んでいる中学生の方や、勉強ができない中学生のお子様を持つ方はぜひ参考にしてください。

基本問題に絞って学習をする

勉強ができない中学生の多くが、基本への理解がおろそかになっています。そのため、基本問題に絞って、それぞれの教科や単元の基本を押さえることが重要です。基本問題が解けない場合は、教科書やノートを確認して復習を行いましょう。

復習をして基本問題が解けるようになったら、標準問題、応用問題と少しずつ取り組む問題のレベルを高めましょう。このような流れで学習に取り組むことで、時間がかかるものの、確実に学力を向上させられます。

勉強できる環境を作った上で勉強をする

勉強ができない中学生は、勉強ができる環境が作られていないことがあります。特に、下記のような環境に当てはまっていないかを確認しましょう。

勉強ができない環境の例
  • 机の上が散らかっている
  • 勉強をする部屋に、ゲームや漫画などの誘惑が多い
  • 同じレベルで切磋琢磨できる仲間がいない
  • 親御様がしつこく勉強を押し付けてお子様にストレスが溜まっている

机の上が散らかっていると、勉強への集中が削がれます。机の上の情報量が多いことで、勉強以外のものに気を取られてしまいます。

また、勉強をする部屋に、ゲームや漫画などの勉強を妨げるものが多く置いてある場合も改善しましょう。下記の記事では、中学生が毎日の勉強を継続するコツを解説していますので、本記事と併せてご覧ください。

加えて、勉強をする上で、切磋琢磨しあえる仲間の存在は必要不可欠です。学校にいない場合は学習塾などに通い、その中で探すのも一つの手段と言えます。

個別指導塾に通う

勉強ができない中学生は、質が担保された多くの勉強時間を確保する手段の1つとして、個別指導塾への通塾が挙げられます。

個別指導塾は一斉指導塾とは異なり、自分のペースで学習を進められます。さらに、生徒1人〜3人に対して先生が1人付くケースが多いので、先生に質問しやすい環境が整っていることから、分からない部分をすぐに解決できることが特徴です。

姫路市の学習塾セミナーイノコも個別指導を展開しておりそれぞれの教科を教えるだけではなく、根本的に正しい勉強方法を教えます。さらに、個別指導であっても通いたい放題なので、1週間に何度でも来塾し、集中できる環境で勉強できる点も強みです。

\ 今なら入塾テスト料・入塾金が無料! /

通い放題の個別指導塾です!

まとめ

本記事では、勉強ができない中学生の進路の選択肢や選び方とともに、勉強方法について解説しました。

中学卒業後の進路は、人生を大きく左右する選択の1つです。そのため、本記事で取り上げた選択肢とポイントを踏まえた上で、先生やお子様と相談しながら進路を決めましょう。

また、お子様自身が少しでも成績を上げて、よりレベルの高い高校への進学を希望している場合は、勉強する環境を整えてあげることが重要です。学習塾への入塾も視野に入れつつ、環境面から見直してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ CONTACT

資料請求、お申し込み、その他
気になる点などございましたら、
まずはお問い合わせください。

\ 今なら入塾テスト料・入塾金が無料! /

メールお問い合わせ24時間対応

目次