単元テストとは?科目別の特徴や対策方法を解説!

単元テストは学校の成績や内申点にも影響を与えるものです。単元テストは、中間テスト以上に頻繁に行われる分、より多くのテスト対策を行うことが必要になってきました。

しかし、単元テストに備えてどのような対策を行うべき分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、単元テストで高得点を取るための対策方法や、単元テストの学習において必要なものを解説します。より効率的に単元テストの学習をする方法も解説しますので、単元テストの対策に困っている方は参考にしてください。

目次

単元テストとは?

単元テストとは、それぞれの単元の学習が完了したのちに、その単元の定着度を確認するためのテストのことです。

単元テストでは、指定された単元のみの問題が出題されるため、出題範囲は従来のテストに比べて狭いです。そのため、単元テストを行うことで、指定された単元の理解度を局所的に確認できます。

単元テストの重要性

単元テストは、これまで学習した特定の単元の理解度を確認できるため、学んだことを振り返る良いきっかけとなります。

単元テストのたびに、学んだことを復習しながらテスト対策を行うことで、理解不足の状態で次の単元に進んでしまうことを防げます。これは「積み上げ型」とされており、一部の単元の理解が不足することで、授業に追いつけなくなる数学や英語の学習において非常に効果的です。

なので、各単元テストに備えて戦略的に対策を行うことが重要です。

単元テストの学習で必要なもの

単元テスト対策の学習で必要なものは下記の通りです。

単元テストの学習で必要なもの
  • 教科書
  • 授業で使っているノート
  • ワーク
  • 授業で配られた資料やプリント
  • その他、授業で利用されている資料集など

したがって、教科書や授業で取ったノートを中心に学ぶのが良いでしょう。そのため、ワークの中の基礎問題や標準問題が解けることで得点を稼げます。

社会や理科などの問題では、教科書外の問題が出題されることもあるので、資料集なども確認しておくと良いでしょう。

単元テストの対策はいつから始める?

単元テストの対策には、長くても1週間程度の期間しか使えないと考えておきましょう。なぜなら、対象単元が終了した直後に行われることもあり、十分な準備期間が設けられないこともあるからです。

また、一つの単元の学習に長期渡って集中すると、学習を進める妨げになりかねません。そのため、日頃の授業の復習を行うことが単元テストの対策となります。

単元テストは出題範囲が狭いとはいえ、その単元で学んだ内容が網羅的に出題されます。単元テストが行われることが分かっているのであれば、短時間でも授業の復習を行うことで、得点に繋げられるでしょう。

教科別単元テストの特徴と対策方法について

ここまで、単元別テストにおける対策に必要なものや期間について解説しました。

単元テストの教科によって、特徴や対策方法は少しずつ異なります。ここからは、教科別で単元テストの特徴と対策についてご紹介します。

国語

国語の単元テストでは、取り扱った小説・評論文の中で使用された漢字の読み書きや、熟語の意味が高い確率で出題されます。

漢字に関しては、学校から指定された漢字ドリルを使って満点が取れるように対策しましょう。

数学

数学の単元テストでは、習った公式や定義、定理が理解できているかを確認する基本問題が多く出題されます。

余裕がある方は、文章問題などの応用問題に取り組むことで高得点を狙えるでしょう。

英語

英語の単元テストでは、文法や単語を覚えることが最も重要です。範囲となる教科書の中に出てくる文法や単語は必ず暗記しましょう。

特に教科書で出てきた挨拶表現などは、ワークで問題演習をするだけでは忘れがちなので注意が必要です。

教科書の文章は、そのまま出題されたり文章全体が重要表現で構成されたりすることも多いです。

社会

社会の単元テストでは、地理における各地域の雨温図や、歴史の場合は年表などを抑えておきましょう。ワークを中心に、重要単語を抑えることで高得点を狙えます。

高得点を狙いたい場合は、教科書やワークに加え、資料集などに出てくる図や表を確認しておくと良いでしょう。

理科

忘れがちですが、理科の場合は実験器具の利用方法や実験手順の理解も求められます。

また化学単元や物理単元では、密度や速度などの数値を求める公式の理解と計算力が必要です。公式は単純ですが、小数が絡むため、ケアレスミスが発生しやすくなっています。不安な場合は、計算演習にも取り組みましょう。

単元テストの対策方法

ここまで、教科別に単元テストの特徴と対策方法について紹介しました。

ここからは、全教科に共通する対策方法について解説します。

出題されやすい問題に絞って学習する

単元テストでは、範囲が絞られている分、どのような問題が出題されるかが比較的容易に予想できます。

もちろん、対象単元を網羅的に理解する必要があるものの、問題演習などは、出題されやすい問題から取り組むと良いでしょう。

特に授業時間で先生が解説に時間をかけていた問題や、問題集の単元のまとめにある問題は出題される可能性が非常に高いので、特に確認の重要度が高いと言えます。

基本問題を確実に解けるようにする

単元テストで出題される問題の多くは「基本問題」です。

教科書やワークに掲載されている基本問題の反復演習を行い、基礎を抑えることで点数に繋がります。

苦手な教科・単元の場合は無理に応用問題に取り組むのではなく、基本問題を落とさないための学習をしましょう。

単元テストのためにより効率的に学習するなら

単元テストは準備期間が短いケースが多いため、より効率的な学習を行うことが点数アップへの近道となります。そして、点数アップへの最大限のサポートをできるのが学習塾だと言えるでしょう。

自宅で効率的に勉強しようと思っても、ついテレビを見てしまったり、部活で疲れて勉強する気が起きなかったりすることは多々あるでしょう。そのようなときに学習塾に通い、周りの友達と切磋琢磨できる環境に身を投じ、分からない部分は講師に質問することで、短期間であっても驚くほどに点数はアップします。

姫路市の進学塾であるセミナーイノコでは、学習範囲のすべての単元テストを実施しています。

単元テストをより効率的に対策したい生徒様はもちろん、お子様の点数をよりアップさせたいと考えている親御様は、ぜひ一度当塾の単元テストで鍛える学習スタイルをご検討ください。

単元テストは短期的に集中して学習しましょう

単元テストは、各単元の内容を振り返って学習内容を定着させるのみならず、学校で行われる場合は日々の学習の評価として内申点にも影響を与える重要なテストです。

とはいえ、出題される範囲が狭いため、どのような問題が出題されるか予想しやすくなっています。そのため、日々のノートを見返したり、短期間でも学習塾に通ったりすることで高得点を狙えるでしょう。

単元テストで高得点を取るためにも、日頃の授業の復習とともに、短期的に集中して対策を行ってみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ CONTACT

資料請求、お申し込み、その他
気になる点などございましたら、
まずはお問い合わせください。

\ 今なら入塾テスト料・入塾金が無料! /

メールお問い合わせ24時間対応

目次